So-net無料ブログ作成
検索選択

近くが見えない!スマホ老眼に効くストレッチ [健康]


近視の人でも、若い人でも
近くが見えなくなり
老眼の症状の人が増えています。

遠くが見えないなら
近視になったのかな?くらいですが

近視の人でも若い人でも
近くのものが2重に見えたり
ぼやけるのは焦りますよね。

これはスマホ老眼と言われていて

スマホを長時間見ている事で

ピント調節機能の毛様大筋が硬くなり
ピントが合わせられなくなっている為なので

メガネやコンタクト
合わなくなったと思って度数を変えたり
遠視や老眼、乱視用のメガネをいくら
作っても、目薬をして
一時的に楽になっても悪化する一方です。

目には光を調節する
虹彩というものがあって

スマホやパソコンの光によって
虹彩を動かす筋肉も衰えています。

そうなると眩しくても
瞳孔がきちんと閉まらなくなるので

眩しく感じるのも
スマホの症状の一つです。

Sponsord rink




予防や改善には

スマホやパソコンを使う時間を
出来る限り減らして

凝り固まった筋肉は
ストレッチで緩めていって

動きを良くする他には無いようです。

毛様大筋に効くストレッチは

・1時間に1回は5メートル先を見る

・左右、上下、斜め上斜め下に大きく瞳を動かす

・両目で大きく八の字を描く

・腕を伸ばして片方の指を遠くに、
 片方の指を目の近くに置いて
 交互に爪を見てピントを合わせる。

以上の4点でかなりピント調節機能は
改善するそうです。

入浴時に
42度から43度のシャワー
まぶたにあてるのも血行促進による

ドライアイ解消効果もありますよ^^

Sponsord rink







コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。